Loading

オンラインセミナー【はじめての外国人雇用】に参加してきました

オンラインセミナー【はじめての外国人雇用】に参加してきました

 

こんにちは。昨日、青森本社のスタッフ2名でオンラインセミナー【はじめての外国人雇用】に参加してきました。講師は入管法に精通した地元の弁護士さんです。

さて、2時間のセミナーではいろいろなお話を聞かせていただきました。


○入管法の改正により2019年4月に創設された新しい在留資格「特定技能」と、この入管法改正の背景

○増加する外国人労働者と企業の外国人材の受け入れについて

○問題山済みの現行制度 ※技能実習生の相次ぐ失踪問題など


まず、「特定技能」が創設された背景につては、ズバリ日本の深刻な人手不足に対応するために、即戦力となる外国人材を受け入れて将来の日本経済を支えようというものです。もう、日本政府が言っているんです!日本は少子高齢化で働き手がいないから外国人労働者を増やしましょうって・・・いくら国主導の政策とは言え、実際に外国人を受け入れてこの政策を実行していくのは企業の皆さまです。企業や社会の受け入れ体制が整っていないと先に述べたように、技能実習生の失踪や日本で働くことが魅力的ではないと感じる外国人が増え、さらには日本は外国人労働者から選ばれない国になってしまいます。

グローバル化する社会で日本も変わらなければいけない時期です。とはいっても、外国人の受け入れには何かと不安もあるでしょうし、日本語の問題や複雑な手続きなど企業様の負担も大きくなります。そんなときは当社ホライゾンヒューマンインベストメント株式会社にお任せください。弊社なら、日本語教育、外国人材の紹介、受け入れから入社後までしっかりサポートさせていただきます。

 

技能実習生は、帰国せずに「特定技能」に移行できます!!

 

技能実習生の多くは日本で長く働きたくても3年で帰国してしまいます。そこで、在留資格を「技能実習」から「特定技能」に変更すると、帰国せずに5年間在留期間を延ばすことができます。技能実習から特定技能への在留資格変更手続きは、当社の関連会社である登録支援機関の株式会社蒼日にすべてお任せください。

関連記事

  1. 東京油組総本店の油そば
  2. バングラデシュの送り出し機関の方が来社
  3. 明後日5日は東京都知事選の投票日です
  4. コロナウイルスの蔓延により技能実習継続が難しくなってきた事業者の…
  5. アメリカが指摘する「外国人技能実習問題」から見える課題
  6. Job offer for Filipino
  7. オンライン日本語レッスンで【Zoom】がかなり使える話
  8. フィリピンはなぜ親日なの?
PAGE TOP