Loading

「東南アジア人と日本人が一緒に暮らす」というコンセプトのシェアハウス発見

「東南アジア人と日本人が一緒に暮らす」というコンセプトのシェアハウス発見

こんにちは。東京支社の「もん」です。
今日は何やら面白そうなシェアハウスの存在を発見しました。

https://aseanhousejapan.com

こちら「東南アジア人と日本人が一緒に暮らす」というのがコンセプトのようです。

場所は地下鉄・中野坂上駅から徒歩3分!やたら便利な場所にあります。

技能実習生に関しては会社が用意した寮があるのでしょうが、技人国を持っている方や在留資格を技能実習から特定技能に変えた方なら家賃も手頃ですし、よいかも知れません。

東南アジアからの労働者を雇う会社の経営者が、社員を住まわせるための場所として使うのもよさそうですね!
個室62,000円の家賃を会社が半分負担するとかそういうのいいかも!

なかなかない国際交流の場

「東南アジア人と日本人が一緒に暮らす」というところでお互いがお互いの文化に歩み寄れるチャンスだと思うんですよ。

国際交流ってどちらかがどちらかの国に合わせるのではなく、お互いに歩み寄るから楽しいんです。

しかも仕事以外での集まりなので損得勘定がない!これは素晴らしいですよね!

技能実習生の寮は仕事の同僚との集まりでしかない。監理団体のサービスの一環である国際文化交流なんて大して楽しくないものが多いらしいですし。

そこが世界中から夢を持って日本に来た東南アジア人、夢を持って国外に旅立とうとしてる日本人の若者(たぶん)が一緒に暮らしながら、様々な楽しさをエンジョイして共有するって本当楽しいと思うんです。

今はコロナ禍でこういったところはひっそりとしているのかも知れませんが、アフターコロナはこういったところがまた盛り上がってくれると嬉しい。

私も以前、イギリスのドミトリーで過ごしたことがありましたが、世界各国の人たちと毎晩馬鹿騒ぎしてそりゃあもう楽しかったです。

当社からも近いところにあるので、そのうちどんなところか見に行ってみようと思います!タイミングがあえば運営者と話もしてみたいな。

関連記事

  1. 東京都武蔵野市にある外国人雇用相談機関・ホライゾンヒューマンイン…
  2. 東京支社が登録支援機関として登録されました
  3. もうすぐ緊急事態宣言です
  4. 【お知らせ】通常業務に戻りました
  5. ホライゾンヒューマンインベストメント 東京支社オープン!
  6. 「なんでカタカナ?」
  7. 誕生日パーティー
  8. 外国人労働者を雇用するメリット=若くて意欲のある人材
PAGE TOP