Loading

WEBカメラを買いました

【WEBカメラを買いました】

こんにちは!東京支社の「もん」です。
いい加減梅雨明けてほしいですね?!

世の中はコロナ禍の影響からテレワーク化が進み、会議をオンラインで行うことも多くなってきているようです。

まあ当社に関しては、拠点が青森と東京にあるので絶対的にオンライン会議は必要なんですがね。

しかし明らかに世の中変わったのは、IT業者や行政書士などといった取引先との打ち合わせも基本オンラインになったことです。

「とりあえずご挨拶でも」というような用事が全てオンライン化しています。

もちろん取引の重要度が増してくると1度は契約前に対面で会う必要はありますが、「とりあえず会う」という行為が極端に減りました。

これ、かなり便利なんです。

だってもし打ち合わせの相手のオフィスが新宿にあるとしたら、東京支社から電車に乗っている時間だけでも片道20分ほど、新宿駅から相手のオフィスまで歩く時間などがあります。

また新宿に関しては人混みを避けることはほぼ100%無理です。歌舞伎町では毎日感染者が大量に出ています。

無駄な時間とリスクを解消したのがこのWEBミーティングかと思っています。

 

快適なMacbook Air 10.5 inch

私の使っているパソコンは3、4年くらい前のMacbook Air 10.5インチ。

画面が小さくてちょっと見づらい時もあるけど、この小ささと軽さは爆裂的に便利!

ホライゾンの仕事をする前はフリーライターが主な仕事だったので、取材をして、帰る前にコンビニのイートインスペースや喫茶店で原稿の下書きを作る必要でした。

数日経つと大事な取材ポイントをすっかり忘れるので早く下書きだけども書きたいのです。

そんな私にとってはパソコンはとにかく持ち運ぶので軽い&小さいというのは絶対的正義でした。

しかし、ホライゾンに入社して普段ほとんど使っていないデスクトップPCのモニターをMacbook Airに繋いで見たら、、、見やすい!!なんて見やすいんだ!!

それ以来、仕事をする時はかならずMacをモニターにつないで、もともと持っていたAppleの純正キーボードとタッチパッドを繋いで使っています。

デザイン関連の作業が発生する時はAppleの純正マウスも使っています。

そこいら辺のクリエイターばりの環境です、笑

 

WEBカメラが必要になってきた

今まではMacbook Air の内臓カメラでWEBミーティングをしていたのですが、1つ問題がありまして、1回1回モニターの接続を外す必要があったんです。

Macをモニターに接続するためには専用の出力ケーブルで繋いでから「画面を閉める」必要があるんです。

ノートPCの画面を閉めると自撮り用のカメラももちろん真っ暗になってしまいます。

なので一旦ケーブルを外して画面を開いてノートPCとして使う必要がありました。

この作業が増えてくると、もう面倒くさくて・・・。

さらに社内ミーティングの場合は、東京支社のスタッフは私を含めて2人画面に映る必要があります。2人ともミーティングソフトを起動すると絶大なハウリングが起きてうるさくてしょうがなくなります。

よって私のMacbookを使うのですが、モニターが小さすぎて「ソーシャルディスタンスを考えて離れると2人とも映らない」という事態が起きてしまいます。

というわけでWEBカメラを買ってみました!

これからはモニターにつないだまま広い画面でWEB会議ができる。

社外の人と行う場合もイヤフォンつければ大画面のままいけそう。

楽しみです!

関連記事

  1. 監理団体の責任範囲は技能実習生が帰国するまで?
  2. フィリピン人の英語力が高いのはなぜ?
  3. 技能実習生と日本語能力
  4. 「特定技能」労働者に求められる「日本語能力」
  5. コロナ禍のおかげで「あらわ」になる日本の闇
  6. Basic Work Culture in Japan!
  7. 東京都武蔵野市にある外国人雇用相談機関・ホライゾンヒューマンイン…
  8. バングラデシュの送り出し機関の方が来社

Newsカテゴリ

News最新記事

PAGE TOP