Loading

建設キャリアアップシステム

【建設キャリアアップシステム】

(公式WEBサイト)https://www.ccus.jp

国交省により2019年4月から運用が始まった建設業者、建設業に携わる労働者が登録するシステムです。
企業という単位ではなく建設業全体で運用されます。

・背景
技能者の就業履歴、保有資格などを会社、事業所ごとではなく業界統一のシステムに蓄積することにより、労働者の待遇改善や技能研鑽、工事の品質向上、現場作業の効率化を目指す仕組みです。

・登録項目
労働者:住所、氏名などの本人情報、社会保険加入状況、保有資格など
事業者:商号、所在地、建設業許可情報など、また現場を解説したら現場情報もシステム登録
それぞれアカウントごとにICカードが配布されます。

 

・目的
労働者は現場に行った際に現場にあるカードリーダーでスキャンすることにより「誰が」「いつ」「どの現場で」「どの作業」をしたのかを透明化する目的です。

就業履歴がシステムに蓄積されることにより労働者の能力評価が正当に行われることを目指しています。

外国人労働者だけでなく日本人労働者もこのシステムの対象です。
現在は日本人労働者は任意、特定技能と技能実習は受け入れ機関、実習生、労働者が全て登録必須となっています
この登録をしないと入管の特定技能手続きは出来ません。
5年以内に全ての建設業者、労働者が登録されることが国土交通省の目標のようです。

また最近は技能実習生の失踪も問題になっているので、労働条件や作業内容をシステム化するこよによって失踪者を減らすことも目標となっている。

非常に便利そうだけど!!!お金がかかります。

・登録料
労働者:2500円/1人ごと

事業者:
一人親方 無料
資本金500万円まで 6,000円
500-1000万円まで 12,000円
以降、段階的に増える

管理者ID利用料
事業者のみ 11,400円/年間

現場利用料
10円/1人1日

・注意点
電話でのお問い合わせ窓口がありません。
問い合わせフォームかメールで行う必要があります。

ご不明点がありましたら、ぜひご連絡ください。あなたの代わりに国土交通省に聞いてみます。

 

 

関連記事

  1. オンライン駆け込み寺
  2. 日本の農家が生き残るために・・・特定技能外国人
  3. 特定技能Q&A
  4. 日本語能力試験2020年度7月試験の中止について
  5. 外国人よろず相談所をはじめました
  6. コロナ禍のおかげで「あらわ」になる日本の闇
  7. レイアウト変更
  8. 技能実習生、修了後も異業種への転職可能 Technical in…
PAGE TOP